Step2. millviでのライブ設定[クイックスタートガイド]

このページで習得できることライブ配信へ向けてmillvi側で行う下準備について知ることができます。

  millviライブ クイックスタートガイド

Step1. 事前準備
Step2. millviでのライブ設定 ←Now
Step3. 配信ソフト設定
Step4. 配信開始/終了

 

millvi管理画面でライブ配信登録を行ないます。

 

2.1. ライブコンテンツの作成

  1. 管理画面にログインし、[LIVE配信]をクリックします。
    2-2.png
  2. メタデータを入力し[保存]をクリックします。
    2-3.png
      項目名 詳細
    タイトル名
    (必須)
    タイトル名は、プレイヤー上部(選択時)に表示されます。
    (100文字以内)
    説明文 説明文は、プレイヤー説明部分に表示されます。
    タグ 動画の分類やプレイリストを使用する場合に使用します。
    公開設定 非公開や指定している公開期間外にプレイヤーを表示すると、「この動画は管理者の都合により再生出来ません」というメッセージを表示します。
    配信前に任意のメッセージやサムネイルを表示させたい場合は「ライブ配信用プレイヤーを新規作成する」「ライブ配信のサムネイルを変更する」をご覧ください。
    配信時間設定 時間を指定すると、配信開始から所定の時間に達すると自動で配信が終了します。
    繰り返し利用する場合は[期限なし]にチェックをつけることで、配信に利用するURLを使い回すことができます。
    アーカイブ登録 「する」に設定すると、ライブ配信が終了後、動画を管理画面上に保存します。
    アーカイブは映像入力と共に作成開始され、映像入力が途絶えた時点で変換が開始されます。そのため、通信状況などにより映像入力が中断された後に、再度入力し直した場合は別個の動画としてアーカイブされます。
  3. 作成完了画面が表示されたら[OK]をクリックします。
    ※クリックしてから「LIVE配信を作成しました。」のメッセージが表示されるまで、時間がかかることがあります。
  4. 管理画面右上の[公開] > [OK]をクリックします。
    2-7.png

 

2.2. ライブ準備

  1. 管理画面 > コンテンツ > 「全てのLIVE配信」から2.1.で作成したライブ配信コンテンツをクリックします。
  2. 各項目の設定を変更する場合は、[編集]をクリックし、変更後[保存]をクリックします。
    live06.png
      項目名 詳細
    配信ステータス ライブ配信時の配信ステータス(自動/準備完了/配信中/待機中/配信終了)を設定します。
    自動:「LIVE配信操作」の自動で反映されます。
    準備完了/待機中/配信終了:プレイヤーで指定したメッセージやサムネイルが表示されます。
    配信中:配信ソフトから送信された映像をプレイヤーで配信します。
    ライブ配信プレイヤーの詳細についてはこちら
    テスト配信 「する」を選択すると、生成された配信用URL⑤で本番配信と同様にテスト配信ができます。
    テスト配信は配信時間の合計時間に加算されず、サムネイルやアーカイブも生成されません。
    「しない」を選択すると本番配信の状態になります。
    サムネイル LIVE配信のサムネイルを設定します。
    設定方法は「ライブ配信のサムネイルを変更する」をご参照ください。
    LIVE配信操作 millvi側での配信の「開始」「終了」を切り替えます。
    配信用URL 配信ソフトに入力するURLとStream(ストリームキー)です。
    埋め込みコード/URL Webサイトやアプリケーションに埋め込む際に使用する、埋め込みコードがこちらに表示されます。
    詳細は「埋め込みコード/URLを取得する」をご参照ください。
  3. 「LIVE配信操作」の[開始]をクリックします。
  4. 配信用の「URL」と「Stream」を確認します。こちらを次のステップで使用します。

 

→次のステップ「Step3. 配信ソフト設定」

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています