このページで習得できること動画をアップロードする上で必要な知識と基本情報の詳細について知ることができます。

millviに動画をアップロードする手順について解説します。

 

1. 動画をアップロードする

  1. 一般ユーザーで管理画面にログインします。
  2. 管理画面左上「コンテンツ」をクリックし、動画をアップロードしたいフォルダを開きます。
    ※特に何も選択しない状態では「HOME」フォルダにアップロードされます。
  3. ページ上部右の[アップロード]をクリックし、アップロードしたい動画ファイルを選択します。
  • millviでサポートされている動画ファイルの形式は「対応形式」を参照ください。
  • アップロードできるファイルサイズは最大4GBまでです。
  • 複数ファイルを一度にアップロードすることも可能です。
  • 大容量のファイルアップロードをご検討中の場合はお問い合わせフォームよりご相談ください。

 

2. メタデータを入力する

動画に関するメタデータ(付加情報)を入力します。

  1. 各項目の入力を行ない[保存]をクリックします。
    __________2019-09-03_18_28_24.png
      項目名 内容
    タイトル名 100文字以内 動画再生前にプレイヤー上部に表示されるタイトルを入力します。
    説明文 200文字以内 動画の説明文を入力します。プレイヤーで説明文を表示する設定を行なっている場合のみ使用されます。
    metadata.png
    タグ

    動画の分類やプレイリストを使用する場合に使用します。具体的には、「コンテンツ」画面での検索や、自動プレイリストを作成する場合に動画を取得するために使用します。自動プレイリストの作成方法は、「プレイリストを作成する」を参照ください。

    ※複数動画を登録する場合、全ての動画に一括でタグを付与できます。(動画ごとに異なるタグを付与する場合は、一つずつ登録ください。)

    公開設定

    動画の再生可能な期間を設定します。非公開時や期間外にプレイヤーにアクセスした場合は、以下のようなメッセージが表示され再生できない状態となります。
    20150217_2-2.png

    1つの動画をアップロードした場合、初期値は「公開」として設定されますが、複数の動画を同時にアップロードした場合は、初期値は「非公開」に設定されます。

    トランスコード設定

    画質・音質の設定を行ないます。トランスコードとは、ミルビィがサポートしている端末に配信できるよう別の形式に変換、さらに解像度の異なるデータに変換する処理のことです。

    動画トランスコード設定は、設定1〜高画質設定2(最高画質)の5種類から選択できますが、各種設定 > トランスコード設定 で指定したものが初期値として選択されます。

    「PC/スマホエンコード無し」にチェックを入れると、各デバイス向けのエンコードを行わず、元動画をそのままアップロードします。エンコード無しで登録できるファイルの種類は「対応形式」を参照ください。

    カスタムメタデータ

    標準で設けられている「タイトル名」「説明文」「タグ」以外の独自のメタデータを動画に付与したい場合に利用します。カスタムメタデータは、キーと値で構成されています。

    「キー」とは項目のことであり、ミルビィの標準メタデータではタイトル名や説明文にあたります。「値」には、項目に入力する値を入力します。

    ・文字数:全てのキーと値の組み合わせ合計で60000バイト程度
    ・データタイプ:文字列

  2. 登録完了画面が表示されたら[OK]をクリックします。
    __________2019-09-03_18_45_02.png
  3. トランスコード処理が開始され、コンテンツ詳細画面が表示されます。
    処理が完了するまでは少し時間がかかります。処理中の場合は登録ステータスが「登録中」として表示され、処理が完了すると「登録完了」となります。
    millvi____________-______.png

 

 

あくまでも目安ではありますが、元動画の実尺の2〜3倍ほどの時間がかかります。

 

 参考

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています