millviの配信・暗号化方式の確認手順について解説します。

millviでは、2つの配信方式暗号化機能(有料オプション)を用意してあります。

 

■配信方式

  • HTTP Live Streaming(HLS方式)
  • HTTP Progressive(プログレッシブ方式)

■暗号化機能

  • secure機能
  • ワンタイム機能

 

<目次>
1. 配信設定
2. secure配信
3. ワンタイム配信


 

1. 配信設定

 

配信設定は、管理画面右上[各種設定] > [配信設定]から表示できます。
この画面では、ご契約時に選択した配信方式、暗号化の有無、ワンタイムURLの有無が記載されます。

__________2021-06-03_17.26.44.png

各端末では、次の配信方式を選択できます。

  HTTP Progressive HTTP Live Streaming
PC
iOS
Android 4.0以上 ○

 

HTTP Progressive(プログレッシブ方式)

HTTPプロトコルを使い動画ファイルをダウンロードしながら再生する方式です。
PCとiOSとAndroidの全ての端末で利用可能です。

HTTP Live Streaming(HLS方式)

Apple社によって開発された、HTTPプロトコルを使って動画を再生する方式です。短い尺に細切れにしたファイル情報が書きこまれたファイルを読み取り、細切れにされたファイルを読んで表示します。

 

■ Android端末のプログレッシブ方式配信オプションについて

Android端末向けにHLS方式による配信を選択したお客様は、オプションとしてプログレッシブ方式の有無を選択できます。
このオプションは、以下のような場合にご利用いただけます。

  1. Android4.0以上でHLS方式に対応していない(もしくは配信が不安定な)端末には、プログレッシブ方式で配信したい。

配信の優先順位は、HLS >プログレッシブ方式 です。

 


 

2. secure機能

 

各端末では、次の暗号化処理を行って配信しています。

暗号化方式 内容 対応端末
HLS方式による暗号化 暗号化HLS方式による暗号化を行います。
セグメントファイルが固有のキーによって暗号化され、配信されます。
Android4.0以上
iOS4.1以上

※プログレッシブ方式では、現在暗号化には対応しておりません。

 


 

3. ワンタイム機能

 

ワンタイムURLは、動画URLをコピーされ拡散されないよう、一定期間だけアクセスを許可する時限付きURLが発行できる機能です。
各端末では、次の暗号化処理と併用してワンタイムURLの利用を行い配信します。

暗号化方式 内容 対応端末
HLS方式による暗号化 暗号化HLS方式による暗号化を行い、さらに固有のキーを取得するためのURLに有効期限を設けます。
有効期限を過ぎたURLにアクセスしても動画は配信されません。
・Android4.0以上
・iOS4.1以上

 Point

ワンタイム機能が有効な際はaccesskeyが必要となります。
accesskeyは有効期限が必須となっており、PHPなどを用いてページ表示時など動的に発行する必要があります。
発行済みのaccesskeyをHTMLなどで利用する場合、期限切れの可能性があることにご注意ください。
詳細は「ミルビィワンタイム」をご参照ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています