【よくあるご質問】転送量やストレージの目安を知りたい | millvi

millviでは、マルチビットレート配信などを行うため内部的に複数の配信コンテンツを生成します。そのため元動画のファイルサイズよりもストレージを必要とすることがあります。また高画質の動画を多くの人に視聴されればされるほど転送量も増えていきます。ここでは、転送量とストレージの計算方法について解説します。

 

<目次>
1. 転送量の計算
2. ストレージの計算
3. 確認方法


 

1. 転送量の計算

 

転送量の基本的な計算式は以下になります。
動画の配信ビットレート[bps] × 動画の長さ[秒] × 動画の再生回数 ×(1/8)[byte/bit]

 

配信ビットレートが1,000kbpsで長さが10分(600秒)の動画を、10人が10回ずつ視聴した場合
1,000[kbps] × 600[秒] × 10[人] × 10[回] ×(1/8)[byte/bit]
= 7,500,000[kbyte]
= 約7.15GB
となり、データ転送量が約7.15GBかかることが分かります。
※1ギガバイトを1,024メガバイト、1メガバイトを1,024キロバイトで計算

  • 上記の転送量計算を簡単にシミュレーションすることができます。
    ※視聴人数を1人に設定することでエンコードした際のファイルサイズの目安を知ることができます。
  • ライブ配信における転送量計算はここからシミュレーションできます。

 


 

2. ストレージの計算

 

ストレージを計算するには、まず元動画のファイルサイズを確認する必要があります。

管理画面 > コンテンツ > 基本情報 から元動画のファイルサイズを確認することができます。
___________.png

以下はそれぞれトランスコード設定によって増える目安値です。
※元動画(尺:60分程度、ファイルサイズ:1GB)を想定してデフォルトレシピ変換した場合のおおよその目安です。

  • 設定1 :約780MB+元動画の容量(1GB)
    ↪︎1.8倍程度
  • 設定2 :約2.5GB+元動画の容量(1GB)
    ↪︎3.5倍程度
  • 設定3 :約5.4GB+元動画の容量(1GB)
    ↪︎6.4倍程度
  • 高画質設定1:約5.1GB+元動画の容量(1GB)
    ↪︎6.1倍程度
  • 高画質設定2:約8.6GB+元動画の容量(1GB)
    ↪︎9.6倍程度

 

 関連API

 


 

3. 確認方法

 

転送量とストレージは視聴レポートからご確認できます。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています